「リポジトリ」とは?意味や使い方を解説!

リポジトリ

皆さんは「リポジトリ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

IT系の開発業務に携わっている方にはおなじみの言葉ですが、そうでない方はおそらく聞き馴染みが無い言葉かと思われます。

今回はそんなリポジトリについて説明していきます。

リポジトリの意味

リポジトリ(repository)とは「貯蔵庫」「倉庫」という意味を表す言葉ですが、ITの分野では特別な意味を持ちます。

「リポジトリ」は主にバージョン管理システムで使われる言葉で、アプリケーション開発に必要なソースコードやデザイン、仕様の情報を保存してくれる格納場所のことを指します。

また、各種ファイル保存の際にはどのファイルに対して、どんな修正が、誰によって、いつ行われたかという情報が付与されます。

そのため、複数人でのアプリケーション開発においても重複して同じファイルに修正されることを防いでくれたり、過去に行った修正をリセットすることができたりと多人数での比較的大規模なプロジェクト開発に活用されることが多いです。

また、リポジトリは一人ひとりが自分の手元で編集を行う「ローカルリポジトリ」と、開発者みんなで共通して管理・編集を行う「リモートリポジトリ」に大別されます。

基本的にはローカルリポジトリで変更した内容をリモートリポジトリに反映させたり、リモートリポジトリで変更された内容をローカルリポジトリに取り込みながらソースファイルの更新を行っていくのです。

リポジトリを使った文章・使い方

1.プッシュとはローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリに反映させることです。
2.リモートリポジトリの内容を自分のPCにクローンしてくる。