「イオンモバイル」とは?意味や使い方を解説!

イオンモバイル

全国に展開している大型ショッピングモールのイオンですが、イオンではイオンモバイルと言うMVNOサービスも提供されていることはご存知でしょうか。

手軽に安く利用できることもあって、2016年頃から知名度をどんどん上げてきています。

もしイオンに行く機会があれば、いちど店舗をチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

では今回は、イオンモバイルについて説明していきます。

イオンモバイルの特徴

イオンモバイルは、イオンリテール株式会社が運営するMVNOサービスです。

イオンモバイルの特徴は、料金プランの安さと、手軽さです。

パケットが500MBから50GBまで用意されており、どのプランも業界最安値クラスです。

たとえば500MBの音声通話SIMが、月額1130円。

データ通信用SIMが1GBで、月額480円のようになっており、安さで勝負している他のMVNO業者にも引けを取りません。

1つの契約を1枚のSIMで契約する通常のプランのほか、1つの契約を3~5枚のSIMで共有することができる「シェア音声プラン」というものもあります。

1枚は音声通話SIM、残りの2枚はデータ通信用SIMなどのように使い分けたり、追加料金を支払うことで、3枚すべてを音声通話SIMとして利用することもできます。

イオンモバイルを利用するメリットとして、最低利用期間が設けらていないことも挙げられます。

一般的なMVNO業者では、一度契約すると半年から2年の最低利用期間が設けられ、期間内に解約すると違約金を支払わなければなりません。

一方でイオンモバイルでは最低利用期間が設けられておらず、いつでも無料で解約できます。

ひとつ気を付けたいのが、最低利用期間が設けられていない代わりに、契約から180日以内に乗り換えようとすると、MNP転出手数料が8000円かかってしまいます。

181日目以降であれば3000円の手数料になりますので、この点だけは覚えておいてください。

イオンモバイルの安さと手軽さを後押しするのが、実店舗の多さです。

全国にあるイオンモールなどで、イオンモバイルの契約や相談をすることができるので、安心して利用できます。

イオンモバイルを使った文章・使い方

1.イオンに行ったついでにイオンモバイルの契約をしてきた。
2.家族でイオンモバイルを使い、データをシェアしている。