「プロトコル」とは?意味や使い方を解説!

プロトコル

「プロトコル」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ちょっと難しい用語に見えますが、インターネットが普及しているこの世の中には無くてはならない存在だったりもします。

URL(たとえばhttps://internet-words.com/など)の冒頭でよく見かける「HTTP」も実はプロトコルの一種です。

それでは以下で「プロトコル」について詳しく説明していきます。

プロトコルの意味

プロトコル(protocol)とは「約束事」のことを指しますが、IT用語として扱われる場合の多くは「通信する上での約束事」を意味する「通信プロトコル」として扱われます。

ネットワーク上で通信を実現するためには予め共通の約束事を決めた上で、決められた手順に沿って処理を行う必要があります。

順番が狂ってしまたり、お互いが好き勝手に通信を行おうとしても通信というものは成立しません。

どんなルールでどんな手順でどうやって通信するかを明確にしてネットワーク上のやりとりを成立させるために、プロトコルが定められているのです。

プロトコルの種類

よく使われるプロトコルには以下のようなものがあります。

  • IP:インターネット用のプロトコル
  • FTP:ファイル転送用のプロトコル
  • SMTP:メール送信用のプロトコル
  • HTTP:ホームページファイル用のプロトコル
  • NTP:時刻あわせ用のプロトコル

インターネットに慣れ親しんだ方やスマホの設定などを行ったことがある方は、もしかしたらどこかで見たことがあるかもしれませんね。

プロトコルを使った文章・使い方

1.ウェブページを見るきにはHTTPプロトコルを使ってサーバとブラウザとのデータのやり取りをします。
2.送信側と受信側で同じプロトコルを使わないと通信は成立しません。