「えらいてんちょう」とは?意味や使い方を解説!

えらいてんちょう

みなさん、「えらいてんちょう」という言葉を聞いたことはありますか?日本の起業家のことを言いますが、自分はえらい!と名乗りたかったというのが名前の由来だそうです。

どんな人か気になりますよね。

今回は、「えらいてんちょう」の言葉の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

えらいてんちょうの意味

えらいてんちょうの本名は宮内春樹(男性)。1990年12月30日生まれ。

宗教家、投資家、著作家、Youtuberなど活動は多岐にわたります。

慶應義塾大学経済学部を卒業後、24歳のときに初期費用50万円でリサイクルショップを企業。

1年間で系列店を5店舗にまで広げます。

その後、池袋で2016年に「イベントバーエデン」をオープン。

初月の売り上げはわずか3,000円。

身内だけが集まるバーとして開いていただけでしたが、その後イベントを開催することを思いつきます。

インターネット有名人をバーテンダーに起用することで集客数を増やし、自身もブログを開設後たちまち有名になり、てんちょう目当てに訪れる人も急増。

最終的には1日100万円の利益を出すまでになります。

事業計画書は不要、起業資金は数十万で十分など今まででは考えられないようなやり方を打ち出し、実際にこのように成功をおさめたことから世間の注目を浴びるようになっていきます。

一方、プライベートでは、出会ってわずか2週間でのスピード結婚で、1児の父としての一面もあります。

「えらいてんちょう」を使った文章・使い方

では、「えらいてんちょう」を使った例文を紹介していきたいと思います。

・えらいてんちょうさんの言っていることにめちゃくちゃ共感した。
・えらいてんちょうの動画がおもしろい。
・えらいてんちょうを見ていると、とりあえず何かしら始めてみよう!という気持ちになる。