「プロ奢ラレヤー」とは?意味や使い方を解説!

プロ奢ラレヤー

みなさん、「プロ奢ラレヤー」という言葉を耳にしたことはありますか?名前の通り、人に奢ってもらうプロのこと。

どんな人なのか、プロ奢ラレヤーになるまでのいきさつなど気になりますよね。

今回は、「プロ奢ラレヤー」の言葉の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

プロ奢ラレヤーの意味

「プロ奢ラレヤー」とは、プロの奢られ屋として生活している男性のこと。

本名は中島太一、1997年1月25日生まれです。

職業はなし(プロ奢ラレヤー)、住所や出身大学は不明です。

主に人と会い食事を奢ってもらいながら生活をしています。

なぜ、彼がプロ奢ラレヤーになったのかというと、きっかけになったのは、大学を辞めた後のチェコで過ごした期間です。

知らない土地で知らない人たちに囲まれて生活をする中で孤独を味わい、自分自身を見つめたときに人と会うことが本当に好きなんだということに気づきます。

そこから多くの人と出会うためにはどうしたらいいのかを真剣に考えるようになります。

いかにコストを感じずに生きていけるかという考えが根底にあり、彼にとっては着たくない服を着て行きたくない会社に出勤することがコストだと感じたため、プロ奢ラレヤーになることを決意。

彼のSNSには、食事を奢りたいという人が後を絶ちません。

ただ、食事をするのではなく、相手の話している内容に応じた意見やアドバイスをするプロ。

また、「VALU生存教本」という電子書籍を出版し、堀江貴文やキングコングの西野さんもおすすめしていることで話題になりました。

「プロ奢ラレヤー」を使った文章・使い方

では、「プロ奢ラレヤー」を使った例文を紹介していきたいと思います。

・一度でいいからプロ奢ラレヤーと食事がしてみたい。
・プロ奢ラレヤーは相手にぴったり合うような話、面白い話をしてくれたりアドバイスもしてくれるらしい。見方が変わったかも。