「個人サイト」とは?意味や使い方を解説!

個人サイト

みなさん、「個人サイト」という言葉を耳にしたことはありますか?

ツイッターの規制が厳しくなり、個人サイト復権の動きがあるということで話題となりました。

具体的に何かと言われると説明に困ってしまうという人もいるかもしれません。また、ブログやSNSとはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、「個人サイト」の言葉の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

個人サイトの意味

「個人サイト」とは、個人が開設から運営まで行うWebサイトのこと。2000年代、さかんに個人サイトが立ち上がり、ネット上で多くみられるようになりましたが、最近ではブログやSNSの普及に伴い、見かけることも少なくなりました。

個人サイトはホームページとも呼ばれますが、デザイン・レイアウト・画像などを念入りに作りこんでいくのが特徴。内容が変わることはめったにありません。

こちら側が伝えたい情報を一方向的に発信するようなイメージですね。

一方でSNSやブログは情報を受け取る側とメッセージやコメントでやり取りできるというのが魅力です。

個人サイトを作るには専門的な知識が必要なこともありますが、特に知識がなくても手軽に始めることができるブログが普及し、情報を発信するツールとして現在主流となっています。

ブログは新しいページを増やせたり、種類別に分類できたりするのも個人サイトではできない特徴です。

また、最近では個人サイトの中にブログを作成したりするなど、サイトとブログの境目がなくなってきているという傾向にあります。

「個人サイト」を使った文章・使い方

では、「個人サイト」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・ツイッターやブログの普及で個人サイトはめっきり見なくなった気がする。
・個人サイトを作るなら、このデザインがおすすめ。
・初めて作った個人サイトがなかなか好評だ。