「ポケットモンスターキング・クイーン」とは?意味や使い方を解説!

ポケットモンスターキング・クイーン

みなさん、「ポケットモンスターキング・クイーン」という言葉を耳にしたことはありますか?

ポケモンの新作タイトル発表前にSNSで話題になっていたので聞いたことがあると言う人も多いのではないでしょうか。

今回は、「ポケットモンスターキング・クイーン」の言葉の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

ポケットモンスターキング・クイーンの意味

「ポケットモンスターキング・クイーン」とは、ポケットモンスター第8作目となる作品のタイトルとして予想された名称。

なぜキング・クイーンなのでは?と噂されていたのかというと、株式会社ポケモンの取締役である増田氏が、新作発表直前の2019年2月15日に「いま久しぶりにビートル捕まえた(笑)」とツイートしたのがきっかけです。

ツイート画像の中に「CP199、重さ416」という数字も掲載されていて、これを図鑑ナンバーに当てはめるとNo199はヤドキングでNo416はビークインだったことから語尾を取り新作タイトルは「キング・クイーン」なのでは?とささやかれるようになったのです。

SNSで噂は瞬く間に広まり、タイトルロゴまで作る人も出てきました。結局新作のタイトルは「ポケットモンスターソード・シールド」と発表され、SNSでささやかれていたこの噂は見事に外れてしまったんですね。

「ポケットモンスターキング・クイーン」を使った文章・使い方

では、「ポケットモンスターキング・クイーン」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・新作タイトルはポケットモンスターキング・クイーンだと思っていたのに全然違った。
・みんな新作がポケットモンスターキング・クイーンって大騒ぎしていたけれどあれは何だったんだろう。