「ドコモ光」とは?意味や使い方を解説!

ドコモ光

今回はドコモ光についての紹介です。

ドコモ光はメリットも多く、実際に多くの方から支持されているサービスとなっています。

ドコモらしい携帯の契約年数に応じた割引や、家族でデータ容量を分けられるパックなど他にはない魅力があるのです。

今回はドコモ光のメリットは独自の魅力があります。そのメリットについて深掘りをしていきましょう。

ドコモ光とは

ドコモ光とはその名の通り、NTTドコモが提供する光ファイバーを用いたデータ通信サービスです。

NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光の卸となります。
携帯電話との一括契約によって、各種サービスを利用できる点が特徴です。

また多くのメリットがあり、簡単に数え挙げても9つのメリットがあります。 以下からは、そのメリットについて見ていきましょう。

ドコモ光の9つのメリット

ドコモ光のメリットについて見ていきます。
メリットは大きく分けて9つです。

1.選べるプロバイダーが豊富

他社の大手のプロバイダー数と比較すると、断トツに選べるプロバイダーがおおくなります。

例えばソフトバンク光では1社、auひかりでは4社です。

一方のドコモ光はというと、26社から選ぶことが可能となります。

2.ドコモ光セット割で携帯料金が最大で3,500円お得に

割引額はプランによって異なりますが、データ基本料金からセット割金額が引かれます。
プランで金額は異なるものの、最大で3.,500円割引です。

最大割引のプランに限らず、お得なセット割となっていることに間違いないでしょう。

3.ずっとドコモ割でスマホ料金がさらに割引

こちらは契約年数に応じてスマホ料金が割引されるサービスです。

契約年数に応じて、対応ステージが上がっていき割引率も上がっていくという仕組みになります。

こうした契約年数に応じた割引サービスは、他社にはない魅力的なものと言えるでしょう。

4.シェアパックでスマホ料金がさらに安く

こちらも特有のサービスとなります。

シェアパックとは、スマホのデータ容量を複数人で分けられるというサービスになります。

例えば家族4人の場合では、シェアパックの有る無しで3,000円以上もお得になる計算です。

さらに使用しなかったデータ容量は、翌月末まで持ち越し可能となっています。 無駄なくお得に使うことが可能なのです。

それだけではなく、データ容量の制限を個別に設定できる機能もあります。

未成年の子どもがいる場合など、その子の持つスマホに使い過ぎないように個別で制限をかけられるのです。

5.Docomo withでスマホ代が1,500円引きになる

こちらのサービスは、ドコモが指定する対象機種のスマホを買うことで使用料金が1,500円安くなるサービスです。

最新機種というわけにはいきませんが、こだわりがなければ問題ない世代のスマホが対象となります。

しかも1,500円割引はずっと続くのです。

6.ドコモスマホ乗り換えでドコモポイント10,000PT進呈

ドコモの家族紹介キャンペーンというサービスです。

家族内でドコモのスマホに乗り換えると、1人当たり10,000PTのドコモポイントがもらえます。

このポイントサービスは最大で5人分が受け取れるので、最大50,000PTまで受け取れるのです。

dポイントはコンビニや飲食店でも使用できます。

7.dカードGOLDでドコモ光とドコモスマホ料金が10%還元される

ドコモ光の利用料金と、ドコモのスマホ利用料金をdカードGOLDで支払うことでdポイントとして10%分の還元を受けられます。

dカードGOLDは年会費が10,000円かかることに注意が必要ですが、十分にプラスとなるだけの還元率です。

8.通信速度が速く満足度が高い

ドコモ光はIPv6とv6プラスに対応しています。これらは高速のインターネット通信の規格です。

これらに対応しているため、通信速度が遅いという不満は起きなくなっています。 ユーザー満足度の高いサービスと言えるでしょう。

9.スマホ乗り換えサービスで違約金を実質負担してもらえる

ドコモ光への契約で、ドコモのスマホへの乗り換え時に発生する違約金を負担してもらえます。

違約金は他社のスマホを解約する際にかかるもので、これをドコモが負担してくれるのです。

還元は現金ではなく、dポイントのため実質負担が正しい表現となります。
dポイントは使い道も多いので全く負担をしてもらっていることと変わりません。

このようにシェアパックや、継続年数に対する割引など独自のサービスが多くあります。 ユーザー満足度が高いことも納得の内容ではないでしょうか?

ドコモ光の使い方

1.ドコモ光のシェアパックは本当にお得! 大所帯のうちは助かってるよ。
2.ドコモ歴が長いからね。 ずっとドコモ割のお陰でドコモ光一択だよ!