「マッチングアプリ」とは?意味や使い方を解説!

マッチングアプリ

みなさん、「マッチングアプリ」という言葉を耳にしたことはありますか?

テレビや雑誌でも取り上げられるようになり興味がある、気になっているという人も多いのではないでしょうか。

今回は、「マッチングアプリ」の言葉の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

マッチングアプリの意味

「マッチングアプリ」とは出会いを目的としたアプリのこと。

出会い系と呼ばれるサービスが暇つぶしや遊びを目的としているのに対し、恋活・婚活を目的としているというのが特徴です。

また、出会い系が月額課金制であるのに対し、マッチングアプリは月額定額制になっており、ほとんどの場合、女性は無料で利用することができます。

また、誰にでもメッセージができる出会い系とは異なり、マッチングした相手のみとメッセージでやり取りできるというのも特徴です。

最大のポイントは、登録に身分証提示が必須であるなど本人確認を厳しく行い、24時間365日アプリ内で監視が行われ、不審な人物やルールに違反した人物は退会処分などの措置が取られるという点です。

そのためユーザーは安心・安全に利用できるというのが売りで、現在5人に1人はマッチングアプリに登録していると言われるくらいユーザー数が急増しています。

また、テレビや雑誌などのメディアでも多く取り上げられ、効率的に理想の相手を探すことができるとし、まさに現代人の恋愛のやり方にマッチしたサービスだと言えるでしょう。

「マッチングアプリ」を使った文章・使い方

では、「マッチングアプリ」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・合コン行って、お金を払って、気になる人と何回か会ってやっぱり違うとなるより、マッチングアプリを使って恋人を探したほうが断然効率がいい。
・友達はみんなマッチングアプリに登録しているみたい。私ものぞいてみようかな。