「ケーブルインターネット」とは?意味や使い方を解説!

ケーブルインターネット

「ケーブルインターネット」とは従来の電話回線を利用する通信とは異なり、ケーブルテレビのケーブルを利用して通信を行うものです。

現在では、インターネット通信の主流は光回線となっています。
まだこの光回線の普及前においては、ADSLという電話回線を使用した通信が主流でした。

その頃においては、「ケーブルインターネット」のメリットはとても大きいものだったと言えるでしょう。

「ケーブルインターネット」のメリットは後述しますが、光回線が主流となった今ではメリットよりもデメリットが目立つようになりました。

今回は「ケーブルインターネット」について詳しく紹介したいと思います。

ケーブルインターネットとは

「ケーブルインターネット」とは、上にも書いたようにケーブルテレビのケーブルを利用したインターネット回線のことです。

ここでケーブルテレビとは、その字のままで有線放送のテレビを指します。通常のテレビは電波を受信しているので無線放送です。

それに対してケーブルテレビは、地下に埋め込んだケーブルを通して放送をするため有線のテレビ放送となります。

このようにテレビも、インターネットもケーブルを利用するので通信が安定しているというのが特徴です。

無線では電波の影響で通信が乱れることもありますが、有線ならばそのような心配もありません。

またケーブルテレビ会社でネット回線も利用すると、ネット回線とテレビ視聴の月額料金を安くできます。

「J:COM」などの大手ケーブルテレビ会社は、このようなセット割の用意もしているのです。

ケーブルインターネットのメリットとデメリット

ここからは「ケーブルインターネット」のメリットとデメリットを紹介します。

まずはメリットからです。
「ケーブルインターネット」はテレビとのセット割がお得ということで、テレビを見る方にとってはメリットがあると言えるでしょう。

その理由としては「多チャンネル」が挙げられます。

チャンネル数が多いので、多くの専門チャンネルが見れるのです。

また地方から引っ越してしまって、地元の地方チャンネルが見れなくなってしまった方にもおすすめとなります。

ケーブルテレビがあれば地方チャンネルも見ることが可能だからです。

また上にも書いたように、有線であるために回線が無線よりも安定している点もメリットとなります。

そしてインターネット回線とケーブルテレビのセット割も、需要のある方にとってはメリットと言えるでしょう。

反対にデメリットについては、インターネット回線が安定していない点が挙げられます。
光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせて使っているので、通信の質が悪くなるのです。

これは簡単に言えば、ケーブルテレビ用のケーブルを無理矢理改造してインターネット通信ができるようにしているからとなります。

またメリットで挙げたテレビ視聴についてですが、もしテレビ視聴が不要な方にとってはデメリットです。

テレビ視聴が不要な方にとっては、単に月額料金が割高になってしまうことになりかねません。

後はネットの意見として非常に多いものが、アップロードに時間が掛かるということです。
これはインターネット利用者にとって、とてもストレスになることでしょう。
間違いなくデメリットとなります。

ケーブルインターネットを選ぶ理由はほぼ無い

現在のインターネットの主流は光回線です。
過去のADSLと比べるまでもなく、利便性が向上しています。
また「ケーブルインターネット」は利用料金が割高で、光回線の方が割安なことも多いです。

基本的に「ケーブルインターネット」のメリットは、主流の変化とともに無くなっていると言えるでしょう。

さらにテレビ視聴での多チャンネルがメリットとも伝えました。しかしこちらも、スカパーと他の光回線を組み合わせる方が割安となります。

「ケーブルインターネット」を選択する理由はほとんど無いと言えるのです。よほど見たい専門チャンネルがあるか、光回線の対応地域外に住んでいるかくらいでしょう。

ケーブルインターネットの使い方

1.光回線が主流の今、「ケーブルインターネット」を選ぶ理由は皆無!
2.「ケーブルインターネット」の通信が悪すぎ!
YouTubeのアップにどんだけ時間取るんだよ!