「界隈」とは?意味や使い方を解説!

界隈

「界隈」という言葉は一般に広く使われているのでご存知の方が多いと思います。

最近ではインターネットでもこの言葉を見かけますが、その意味は本来のものとは少し違っています。

ここではその違いについて解説していきます。

界隈の意味

「界隈(かいわい)」とは「その辺り一帯、付近」という意味です。

一般にはご近所界隈や銀座界隈、モバイル業界隈など特定の地域や分野・業界を示すときに使われます。

地域を示すときはそれほど広くはない地名とセットで使われます。

分野・業界に付属して使われる場合はその範囲はかなり広くなり、その業界に関連する物・人までを示します。

一方ネット用語としての「界隈」は「共通の趣味・ジャンルのコミュニティ」を示します。

同じアイドルを応援している不特定多数の人々をまとめて表したり、似たような分野に興味を持つ人々を表したりします。

また、いわゆるオタクと呼ばれる人たちが使う表現では、

自分の専門外の分野に精通している人のことを○○界隈の方々といったように使う場合もあります。

twitterでお気に入りを多くする人、多くされる人達を「ふぁぼ界隈」と表現します。

界隈を使った文章・使い方

本来の意味の「界隈」を使った例文
1.ご近所界隈では、あの人の不倫の噂が上っている。
2.政治界隈では誰が次の総理になるのか注目されている。
ネット用語での「界隈」を使った例文
1.地下アイドル界隈では今最も注目すべきグループは誰か話題になっている。
2.オタク界隈にあの芸能人がコスプレして出没しているらしい。