「AWS」とは?意味や使い方を解説!

AWS

世界1位のシェア率を誇る「AWS」をご存知ですか。最近では企業だけでなく政府機関でも導入が進んでいます。

ここでは「AWS」について説明していきます。

AWSの意味

「AWS(Amazon Web Services)」とは、Amazon.comによって提供されているクラウドコンピューティングサービスです。全世界190か国以上で提供されています。

Amazon社が自社の在庫管理やデータ分析などのために生まれたITシステムのノウハウをもとにし、2006年に企業を対象として提供が始まりました。

クラウドコンピューティングとは、インターネットを経由しサーバーやデータベース、アプリケーションを利用するシステムです。

必要な分を必要なだけ利用でき、利用した分だけの料金を払う従量課金になっています。

企業が独自でサーバーファームを保有していた時は仕様変更に数週間・数か月必要だったのが、クラウドを使用することで設定変更のみの数分で可能になりました。

ハードウェアやソフトウェアの購入がいらず初期のコストもかりません。定期的にアップグレードしているのでサーバーの質も常に高く保たれています。

もちろん、メニューが豊富な分自身に合ったサービス設定や設計の必要性があり、変動費のためコストが読めないことや、トラブル時は自分たちで解決する必要があります。

中でもAWSはクラウドの分野で全世界の約三分の一のシェアもち、世界1位となっています。

現在では小規模の企業から大企業、政府機関に至るまで多くの組織がクラウドコンピューティングを利用し、米CIAでもAWSが採用されています。

AWSのシェア率が高い理由として、クラウド市場に先行して参入したこと、Microsoftなど他がここまでのクラウド市場の成長を予測していなかったことが大きいと言われています。

AWSを使った文章・使い方

1.会社にAWSを導入する
2.AWSは低コストで済むのがメリットだ