「オラつく」とは?意味や使い方を解説!

オラつく

「オラつく」という言葉がネット上のTwitterなどのSNSでよく使われていますが、いったいどんな意味があるのかご存じでしょうか?

私生活でもたまに耳にすることもあり、この言葉自体は知っている人が多いかもしれません。

それでは、どんな意味を持っているのか解説していきたいと思います。

オラつくの意味

「オラつく」とは、横柄、自信に満ちている、上から目線な態度、などの意味を持っていて、その他にも悪そうな態度、悪そうな表情、悪そうな仕草や発言、などもあり色々な場面で使われていることが分かります。

また、第三者視点で使われることも多く、オラついた態度の男性を「オラオラ系男子」という言い方もされる事から女性が「私、オラオラ系が好きかなぁ~」といった具合に使われることもあります。

やはり女性は、引っ張ってくれる頼りになる男性がタイプ、という人が多いのかもしれませんね!

元々は擬態語の「オラオラ」が動詞の「オラつく」に変形したといわれており、Twitterでは「オラつく」が最もよく使われているそうです。

なぜ「-つく」なのかは不明ですが、「オラつく」という一つの言葉として見れば自然な感じもしますね!

それでは、「オラつく」の使用例を3つ紹介したいと思います。

オラつくを使った文章・例文

1.「あの人オラついてるなぁ」
2.「あいつあの子の前ではオラついてるよな!」
3.「オラオラ系のオラつき具合ってすごいよな!」