「寝落ち」とは?意味や使い方を解説!

寝落ち

今回は、もはや一般用語化していると言っても過言ではない単語です。

多くの方が聞いたことがあるかもしれない「寝落ち」について紹介していきます。

この単語はもともとは限定的な使われ方でした。普及とともにネット上に限らず、リアルの日常生活でも使われることが増えたのです。

正しい意味や、もともとの使われ方は知っていますか?「寝落ち」について見ていきましょう。

寝落ちの意味

「寝落ち」の意味は、なにかをしている時にいつのまにか寝てしまうことです。

例えば夜に勉強している時に、いつの間にか寝てしまうことは「寝落ち」と言います。

夜中にSNSなどでやり取りしてる間に、いつの間にか寝てしまうことも「寝落ち」です。

このようにリアルの日常生活でも使いやすいですし、実際に広く使われている言葉となります。

しかし、もともとはネット上での限定的な言葉でした。

寝落ちの語源

「寝落ち」のもともとの使われ方は「オンラインに繋いでいる時に、不本意にオフラインとなってしまうこと」を指していました。

つまりはオンライン上でのやりとりが、いつの間にか途絶えてしまうことを指していたのです。

オンラインからオフラインへと切り替わることを「落ちる」と言います。そこから「寝落ち」は由来していると考えられているのです。

このように従来の意味があり、従来の意味としても使われることがあります。

広く世間に普及してからはコミニケーションがある中でも、一人で何かをしている時であっても「寝落ち」という言葉が使用されるようになったのです。

寝落ちの使い方

「寝落ち」を使った例文を紹介します。
1.徹夜でレポートを作ろうと思っていたのに、いつの間にか「寝落ち」をしてしまった。
2.突然チャットが途絶えてしまった。どうやら「寝落ち」してしまったらしい。