「イントラネット」とは?意味や使い方を解説!

イントラネット

「イントラネット」をご存知ですか。「インターネット」と似ていますが、少し異なります。ここでは「イントラネット」について説明していきます。

イントラネットの意味

「イントラネット(Intranet)」とは、企業など組織内におけるプライベートネットワークのことです。

よく使う「インターネット」はネットワーク同士を互いに接続し、巨大なネットワークを構成したものを指します。つまり多数のネットワークの集合体がインターネットです。

一方「イントラネット」もネットワークのことを指しますが、企業など特定の組織内のみで構築されたネットワークになります。

インターネットと違い、そこに属さないネットワークはこのイントラネットへは接続することができません。

「イントラネット」は一般的なインターネット機器を使用できることや、インターネットの技術をベースに構築されているので従来の独自ネットワークシステムよりも低コストで使え、近年急速に普及しています。

イントラネットを使用することで社内の情報の共有できるだけでなく、社内外どちらのネットワークも見ることができます。

社外ネットワークのインターネットとの間にファイアウォールを設けることで、他者の侵入は防がれています。

また、使い慣れたWebブラウザや電子メール、他ソフトウェアが使えるので従業員への教育も容易といったメリットもあります。

ちなみに複数のイントラネットを接続したものをエクストラネットといい、企業グループや企業間のやり取りに用いられています。

イントラネットを使った文章・使い方

1.イントラネットで会社のスケジュールを確認する。
2.イントラネットを拡張し、エクストラネットを構築する。