「コジサック」とは?意味や使い方を解説!

コジサック

お笑い芸人のキングコング梶原さんが新人ユーチューバー「カジサック」としてYoutubeで活躍されていることはご存知でしょうか。

2019年末までにチャンネル登録者数が100万人に満たない場合には芸人を引退すると宣言し、話題となりました。

今回ご紹介するのは「カジサック」の息子で次男の「コジサック」です。

Youtubeチャンネル「カジサックの部屋」で大活躍するもう一人の人気者です。

カジサックと共に毎回笑いを届けてくれる小さなお笑い芸人「コジサック」をぜひ覚えていってくださいね。

それでは説明していきます。

コジサックの意味

「コジサック」とは、カジサックこと、お笑い芸人のキングコング梶原さんの息子で、次男の梶原こじろう君のことです。

Youtubeのチャンネル「カジサックの部屋」に登場した時は、梶原家で一番のひょうきん者として紹介されました。

「コジサック」を含めて4人の子どもがいるカジサックですが、その中でも一番のお笑いの才能を持っています。

「絶対に笑ってはいけないコジサック」というチャンネルの企画では「コジサック」が父親であるカジサックを笑わせようと、あの手この手で笑いを取りに行きます。

特にインパクトが強いのが、キリンのかぶりものを被って直立している姿を披露する「コジサック」です。
見た目がとてもシュールで、大人が見ても笑いがこみ上げてきます。

まだ小さな子どもとは思えないほどお笑いのルールを心得ており、父親カジサックはお笑い対決に全敗するも、そのプロ意識の高さに関心していました。

別の企画でも、とにかく笑いを取りにいくことが大好きな「コジサック」はあらゆるところで笑いをとりに行きます。

そんな「コジサック」の活躍が注目され、インフォマーシャルへの出演も決まりました。
その様子も「カジサックの部屋」で見ることができます。

コジサックを使った文章・使い方

1.コジサックがカジサックを食う勢いで笑いを取っていった。
2.コジサックのひょうきんさが次女にもあらわれつつある。