サンガツ

「サンガツ」は聞いたことがある方も多いかもしれません。

しかし由来や正しい意味まで、理解している方は少ないのではないでしょうか。

由来が少し複雑になりますが、「サンガツ」をしっかり理解していきましょう。

サンガツの意味

「サンガツ」の意味は「ありがとう聖人」あるいは単に「ありがとう」となります。

聖人とは人格や徳行に秀でた、理想的な人物として崇拝される人のことです。

なぜこんなややこしい意味になるのかというと、誕生したのが2ちゃんねるのなんJだからです。

主にありがたいとレスをしてくれた人に対して「サンガツ」を使っていました。

また2ちゃんねるでは、まともなレスをつけるだけでも聖人扱いを受けるところなのです。

そういった背景もあり、意味は「ありがとう聖人」となります。

サンガツの由来

「サンガツ」の由来を知ることで、よりこの単語を知ることができます。

「サンガツ」とは「サンキューガッツ」の略なのです。

ここでのガッツは日本ハムファイターズの小笠原 道大選手を指します。

2ちゃんねるのなんJでは当時、小笠原選手のAA(アスキーアート)が流行っていました。

またそのAAはありがとうと共に使われることが多かったのです。

小笠原選手はガッツ溢れるプレーで有名でした。

他の選手からもガッツ君とあだ名が付けられる程です。

つまり「サンキューガッツ」のガッツとは小笠原選手のことを指すのが由来なのです。

当時の流行りと、勢いでできた単語です。「サンガツ」はありがとうを表すネットスラングと覚えましょう。

サンガツの使い方

「サンガツ」を使った例文を紹介します。
1.要望のあった画像をアップしたよ。
「サンガツ!」
2.前スレが埋まったので新しく立てました。
「イッチサンガツ!」