「ジト目」とは?意味や使い方を解説!

ジト目

「ジト目」は割とそのままの意味なのですが、皆さんはご存知ですか?

漫画やアニメの表現で多く使われていたりします。 またネットやリアルの日常生活も使用対象です。

この「ジト目」の正しい意味と使い方を見ていきましょう。

ジト目の意味

「ジト目」の意味はそのままで、ジトーッと見つめる目のことを指しています。 この様子に含まれる意味まで理解しましょう。

軽蔑、不審、不快、呆れ、反抗などの意味を込めて使われます。

つまり「ジト目」の意味はそのまま、ジトーッと見つめる目のことですが、そこに含まれるニュアンスは上記の感情となるのです。

絵にすると分かりやすく漫画やアニメの表現でよく使われます。目を半円状(下半分残しで)に描き、眠そうな顔のキャラクターやSっ気のあるキャラクターに使われることが多いです。

また特にアニメに関しては、場合や表現されるキャラクターによっては一つの萌え要素となります。

Sっ気のあるキャラクターに使われると萌え要素となることも多いようです。

ジト目の定義

ジト目の定義は少し曖昧で、人によって若干異なるところがあります。

定義の違いは「負の感情が伴わないといけないかどうか」です。

上記に書いたような感情を伴わないと「ジト目」としない方もいます。反対に感情が無くても形がなっていれば「ジト目」する方もいます。

分かりやすく言えば上の、眠そうな目をしてる人を「ジト目」と呼ぶかどうかが人によって異なるなです。(状況で分かれる場合もあります。)

ジト目の使い方

「ジト目」を使った例文を紹介します。
1.僕の彼女がこちらを「ジト目」で見ていたんだよ。
2.あのキャラの「ジト目」は、もはや萌え要素だよね。