「おけまる」とは?意味や使い方を解説!

おけまる

皆さんは「おけまる」という単語を知っていますか?なんとなく知っている方は意味も分かっているかもしれません。

でもこの単語の由来や、正しい使い方まで知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。

なんとなく知っている方、全く知らない方へ向けた使い方と例文を紹介いたします。

おけまるの意味

「おけまる」を二つに分解すると、意味が分かるようになります。

「おけ」=「オッケー」、「まる」=「句読点の。(まる)」です。

つまり意味は「オッケー」「いいよ」「了解」ということになります。

いわゆるJK語であり、女子高生の間で流行った単語です。

由来は「オッケー。」を略して、句読点の「。」をわざわざ発音しています。

深い意味は無く、JK語とは可愛い響きの言葉であることが重要視されるのです。そういった文化の一端だと考えて下さい。

おけまるの派生

おけまるの派生で「おけまる水産」という単語があります。

これは単に語呂感のよい「磯丸水産」をもじって、「おけまる水産」としただけのものです。

意味は変わらず「オッケー」と同じです。

この例もいかに響きが可愛いかや、楽しいかを重要視しているということが、よく表れているのではないでしょうか。

また「おっけーまる」という派生も誕生しています。

これは「おけまる」の「おけ」を、元の言葉の読み方の「おっけー」に戻したものです。敢えて元に戻すことで逆に新しい単語が生まれました。

意味はやはり「オッケー」のままです。

「おけまる」のような単語は、こういったJK語のような流行文化の一端をよく表した例として、非常に興味深い単語なのです。

おけまるを使った例文

「おけまる」を使った例文を紹介します。
1.「今日は渋谷に集合しようよ!」「おけまる〜」
2.「悪いんだけど、頼まれごとしてくれない?」「おけまる!なんでも言って」
3.「どっかで遊んでかない?」「おけまる。どこ行く?」