「POS」とは?意味や使い方を解説!

POS

「POS」とは何かご存知ですが。おそらくほとんどの人がこのシステムが導入されたものを見ていると思います。

ここでは「POS」について説明していきます。

POSの意味

「POS」とは「Point Of Sales」の略で「販売時点情報管理」の意味です。

商品が売れた時点の情報(商品名、時間帯、数、天気、年齢層など)を記録し分析することです。

「POSシステム」とはこれら売上実績を単品単位で記録し集計するシステムを指します。

現在ではPOSと様々な形で連携する周辺機器を総称してPOSシステムと呼びます。

「POSレジ」とはPOSシステムを搭載したレジで、レジのボタンの中に性別や推定年齢などの項目がついています。

コンビニやスーパーなど普段見かけるほとんどのレジは「POSレジ」です。

POSレジ自体で分析するよりもそのデータをパソコンなどに取り入れ分析することがほとんどです。

もともとは「POSシステム」は1970年代にレジ係のミス、不正防止目的でアメリカで発展しましたが、現在ではスーパーやコンビニ、商業施設など広く活用されています。

このシステムを導入することで、「いつ、どこで、何が、いくらで、どれだけ売れた」というデータの把握ができ、販売状況が可視化できるというメリットがあります。

これによって天候による販売数の変化や、各地域・店舗での客層、嗜好差も把握でき、商品の仕入れ数の決定などマーケティングツールとして広く活用されています。

POSを使った文章・使い方

1.POSレジからデータを取得する
2.POSシステムを使って商品の仕入れを決める。