「KBTIT」とは?意味や使い方を解説!

KBTIT

みなさん、「KBTIT」という言葉を耳にしたことはありますか?

インターネットで検索をすると、「久保帯人」や「クボタイト」という言葉も出てきます。

また、サングラスをかけた日に焼けた男性の画像も登場します。その人がKBTITなのでしょうか?

今回は、「KBTIT」の言葉の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

KBTITの意味

「KBTIT」とは、ゲイビデオ会社ACCEEDに所属する男優のことで、「悶絶少年」シリーズの専属調教師として活動をしています。

「クボタイト」とも呼ばれていますね。

クボタイトというと大人気となった少年漫画「BLEACH」の作者「久保帯人」を連想する人もいますが、まったくの別人であるとされています。

名前の由来は、この久保帯人にKBTITがそっくりだったから。

顔つきや雰囲気、髪型などが似ているとネット上で話題になり、久保帯人なのでは?と一部では間違えられ騒動になったこともあります。

ほかにも千葉ロッテマリーンズの某選手や国内の有名ロックバンドの某ギタリストに似ているなどと話題になったことも。

彼自身がゲイになったのは、過去に受けた母親からの虐待が影響しているとも言われています。

しかし、そんな母親に対して感謝の気持ちを表しており、寛容だ、器が大きいという意見もあります。

また、名言と呼ばれるセリフも残しており、「かしこまり~!」や「ありがとナス」などが有名です。SNS上でもネタとして使われることが多く、見かけたことがあると言う人もいるかもしれません。

KBTITを使った文章・使い方

では、「KBTIT」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・知り合いがKBTITにそっくりだ。
・KBTITと久保帯人は同一人物だと思っていたけれど実際には違うらしい。
・KBTITはイケメンだと思います。