「wktk」とは?意味や使い方を解説!

wktk

みなさん、「wktk」という言葉を耳にしたことはありますか?ネットにコメントを投稿したりする人は見かけたことがあるかもしれません。実際に何と読むのか、どういう意味かは知らないという人も多いのではないでしょうか。今回は、「wktk」の意味や由来、使い方や例文について紹介していきたいと思います。

wktkの意味

「wktk」とは、「ワクテカ」とも言われています。

2ちゃんねる用語のひとつで、「ワクワクテカテカする」という言葉が語源になっていて、母音を抜いて省略した形になって定着したのが、「wktk」です。文字で絵を描くAA(アースキーアート)が由来になっています。

+   +
∧_∧  +
(0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
(0゜∪ ∪ +
と__)__) +

これが実際にもとになったAAです。
期待で胸がいっぱいになる気持ちや、待ちきれない気持ちの「ワクワク」。「テカテカ」は、嬉しい気持ちや興奮した状態で血行が促され、肌つやが良くなった状態を表しているんですね。実際にAAでは、イラストの周りにキラキラしたような描写があるのが特徴。例えば期待感を上げ、作品を褒める際の感想タグで用いられることも多いです。出始めは定かではありませんが、ネット上では2005年(平成17年)頃に使われ始めたとする説があります。使われ始めた当初は、多くの人に使われている人気のネット用語でしたが、ここ最近では使用頻度も減り、めっきり見かけなくなりました。一部では、「死語になった」との意見もあります。

wktkを使った文章・使い方

では、「wktk」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・今日のライブ本当に楽しみすぎて、wktk!
・一晩並んで、ゲームの新作をついにゲット!wktk!
・今週末はイベントづくし。wktkを糧に仕事頑張る!