「チート」とは?意味や使い方を解説!

チート

皆さんは、「チート」と聞いて、すぐに意味がわかりますか?普通は何のことを意味しているかわかりません。

コンピューターゲームやSNSなどやっている人あるいはやったことのある人なら一度は耳にしたことがあります。

これから「チート」の意味や使い方を探っていきます。「チート」の意味を理解して正しく使ってください。

チートの意味や使い方

「チート」とは、「不正を働く」「いかさまをする」「インチキをする」「詐欺をする」「ズルをする」「騙す」という意味があります。

英語では、「cheat」と書きます。

英語圏では通常もっと広義の意味で使われています。

たとえば、スポーツや仕事などでは「ズル」のことを言い、小さな「ズル」から大きな「ズル」まで、幅広く使われています。

コンピューターゲームの世界では、勝つためにチートツールを使用して不正改造するという意味でチートは使われています。

そのチートを行うプレイヤーを「チーター」と呼んでいます。

コンピューターゲームの世界では非常に強いプレイヤーを「チート」と呼びます。

そして、強すぎることを「チート級」と称賛しています。

少し皮肉も含まれているようです。

「チート・ディ」「チート・モード」「チート・コード」という「チート」を使った熟語があります。

「チート・モード」は、プレイヤーが有利にゲームを運べるように設定できるモードのことです。
このモードはゲーム開発者の粋な計らいが感じられます。

「チート・コード」は、ゲームの裏技操作ができるようにゲームのプログラムを設定することです。

コンピューターゲーム中にはよく隠しコマンドがあります。

日本では、ゲームやコンピューターで不正改造ということに特化して「チート」が使われています。

チートを使った文章・例文

1.このゲームのキャラクターはチート級ですね。
2.チートするユーザーは、全員アカウントを削除します。
3.税金をチートします。