「おまけの中身が知りたくて」とは?意味や使い方を解説!

おまけの中身が知りたくて

「おまけの中身が知りたくて」。妙に興味を引くこのフレーズがインターネットで話題になっています。

ある事件から生まれたこのフレーズですが、ここではその由来についても説明していきます。

おまけの中身が知りたくてについて

「おまけの中身が知りたくて」とは、2013年朝日新聞デジタルのとある記事の書き出しの一文です。

「ポテトチップスのおまけの野球カードが欲しくて、目当てのカードか購入前に無断で袋を開けた男が器物損壊罪で逮捕された」という小さな事件です。

犯行目的が「巨人軍のカードが欲しかった」というなんとも情けない内容がアンチ巨人の多い「なんJ(なんでも実況ジュピター。野球メインの2ちゃんねる掲示板)」で話題となり、かつなんとも目を引く「おまけの中身が知りたくて」というフレーズが巨人ファンを釣るネタとして定着しました。

初めの頃はタイトルに巨人に関するネタや明るい話題を掲げ巨人ファンの目を引かせ、開いてみるとこのニュースが載せてあるものが多かったのですが、年々巧妙化し、ランキングに見せかけて1位がこのフレーズだったり、タイトルの末尾からこのフレーズにつなげたり、外国語を用いたりかなりパターンがあるようです。

ただ、あまりにもこの事件を話題にしすぎ何年も前の事件であるのにいまだに犯人の実名がインターネット上にさらされていることや巨人ファンへの過度の煽りなど問題となっているので、安易にこのフレーズを利用しないようにしましょう。

おまけの中身が知りたくてを使った文章・使い方

A「栄えあるランキング1位はなんと」
B「なに?」
A「おまけの中身が知りたくて――。」