「33-4」とは?意味や使い方を解説!

33-4(さんじゅうさんたいよん)

皆さんはネットで「33-4」という単語を見かけたことがありませんか?

しかも「33-4」という書き込みに対して、必ず「なんでや!阪神関係ないやろ!」というやり取りをします。

意味を知らない方からすれば、単語もやり取りもどちらも全く意味が分からないでしょう。でも野球ファンなら違うかもしれません。

「数字」と「阪神」の2ワードだけでピンと来る方もいることでしょう。今回は「33-4」の意味と、その後に付く阪神についてを紹介します。

33-4とは

「33-4」の読み方は「さんじゅうさんたいよん」です。つまり「33対4」であり、とあるスポーツのスコアを表しています。

そのスポーツとは野球であり、一見するとあり得ない大差なのですが実際にあったスコアなのです。

そして大差で負けているのが「阪神タイガース」となります。

この印象的な大敗から「33-4」とコメントすると、「なんでや!阪神関係ないやろ!」とレスが返ってくるというやり取りが生まれました。

33-4の元になった試合とは

「33-4」の元になった試合は、2005年の日本シリーズである「阪神タイガースVS千葉ロッテマリーンズ」です。

この日本シリーズは、阪神にとって20年ぶりに臨む戦いでした。しかし結果は歴史的な敗戦となったのです。

一試合目を「10-1」の濃霧コールド負けから始まり、その後も「10-0」「10-1」「3-2」とまさかの4連敗喫してしまいました。

この時の合計スコアが「33-4」だったというわけです。

この記録は歴代ワーストであり、1度もリードすることなく終わった日本シリーズ戦というのも過去に例がないものでした。

まさしく惨敗の結果となり、阪神ファンにとっては忘れなれない試合となったのです。

33-4は野球に関係なくても使われる

2010年に千葉ロッテマリーンズが再度、日本シリーズに登場をします。この時に2005年の阪神の悪夢を、何度も振り返る映像が放送されたのです。

その時になんJや野球chでは、これをおちょくるように「33-4」という書き込みがブームとなりました。

それ以降からは野球に限らず、大差で負けそうな試合ならなんでも「33-4」と書き込まれるようになったのです。

そしてこの「33-4」の書き込みに対して、思わず心の叫びとして返した「なんでや!阪神関係ないやろ!」もヒットしました。

こうしてやり取りでセットという流れが出来上がっていったのです。

またこの「なんでや!阪神関係ないやろ」は、略して「な阪関無」や「NHK」などと略されることもあります。

その後に「33-4」がより浸透していくと、レシートの334円や時間の3:34などの数字だけにすら反応するようになったのです。

334という数字に反射的に書き込まれることが多くなり、阪神とほとんど関係ないことも多くなりました。

33-4の使い方

1.サッカー日本代表が前半だけで3点差も付けられたって…
「33-4」
なんでや!阪神関係ないやろ!
2.午後3時34分です。
「33-4」
な阪関無!