「lul」とは?意味や使い方を解説!

lul

今回は「 lul」という単語の紹介です。

ネットサーフィンをよくされる方、海外のコメントを目にする方は見たことがあるのではないでしょうか?

海外のコメントに多く見られますので、日本で近い単語は何か?を知れば意味が理解できます。

lulの意味

「 lul」は日本で言うところの「www」や「(笑)」に近い意味の単語です。ネットスラングであり海外の方がよく使う、笑いを表す単語となります。

読み方は「ルル」あるいは「ウル」、または単に「エルユーエル」です。

「www」「(笑)」を知らない方はピンと来ないかもしれません。

ここでの笑いとは一般的な笑い全般ではなく、嘲笑のニュアンスとして限定的に使用されることが多くなります。

語源は「lol」とされており、「laughing out loud」の略で日本語訳は「声を出して笑う」「大声で笑う」です。

これが形を崩して、より嘲笑的なニュアンスとなり「 lul」と表記されるようになりました。

lulの派生

大文字や小文字などの表記の違いや、嘲笑の度合いを表すために他の単語と組み合わせる例があります。

「LUL」がスタンダードな表記とされています。
「LuL」は昔によく使われていた表記です。
「MEGA LUL」のように、別単語と組み合わせることもあります。
こちらは嘲笑度合いを強調したものです。
「OMEGA LUL」「HYPER LUL」のようにより強調を強めたものも存在します。

実際のネット上では単に「lul」と表記されることも多く、絶対的な決まりではないようです。

lulを使用した例文

「 lul」を使った例文を紹介します。

1.You are awosome!Lulul
(君は本当に最高だね!(笑))
2. 「Hey I found a funny video on YouTube. You better check this out anyway.」
「I love it!LULULU L」
(「おい!ユーチューブで面白い動画を見つけたから見てみろよ。」
「この動画が気に入ったよwwwww」)